どもり癖は気にしなければ治る?意識しない方法について

リラックス

どもり癖を改善するには、これまで染みついてきた癖を取り除かないといけないので、簡単に治るものではないと言われています。

 

吃音を治す場合、それなりに時間がかかり、ある日突然治るものではないのですが、一方で気にしなければ治るという意見もあるようですね。

 

長年、どもり癖で悩んできた人にとってはピンと来ないかもしれませんが、吃音が治ったと感じるのは、意識しないで自然とどもらなくなったとふと気づいた時なのです。

 

意識しないことは克服への近道

 

どもり癖を改善する場合、理想的なのは知らないうちに吃音が減少して気づかないように治ることです。

 

そんな簡単に吃音が治るなら誰も苦労しないと言う意見があるかもしれませんが、実際、意識しないようにして改善することは可能なのです。

 

実は吃音に対して必要以上に意識しなければ、どもり癖は改善できるもので、発生する時に声が詰まって焦ると悪化しやすい性質があります。

 

どもりやすい人は、感受性が豊かな人が多く、それがマイナスに作用することで起きているので、意識しないようにする方法は有効な方法と言えます。

 

緊張して声が詰まるとどもりやすくなるのは、それは自身が吃音を意識しているからで、意識する感覚を払拭できれば吃音は克服できる可能性があるのです。

 

どもり癖と緊張の関係についてのページ

 

 

意識しなければ、どもり癖が治る可能性があるのは、吃音者は独り言をしている時は、どもることがないことでも理解できます。

 

人と対面していない時にどもらないのは、吃音に対して意識していないからで、無意識の状態であれば、言葉に詰まることはなく普通に話すことが可能です。

 

つまり意識しないことは改善への近道であり、普段から意識しないように心がけていれば、いつの間にかどもり癖は治っている可能性があります。

 

出てくる言葉に素直に従い開き直る

 

吃音の症状が酷い人ほど何とか克服しようとあの手この手を考えるもので、しかし頑張れば頑張るほど改善できないことは多いものです。

 

よくよく考えてみると、子供の吃音は大抵自然に治っているもので、それは何故かと言うと、吃音を意識していないからです。

 

子供の例を取るとわかりやすく、吃音に対して意識しないことは吃音を否定しないで素直に自分が受け入れることにもつながります。

 

どもり癖に対しては、意識すると余計に悪化する傾向があるので、意識しないで忘れることが大切になってきます。

 

そのように考える方がむしろ吃音の治療には有効で、実際、周りの人は吃音者がどもることに対してそれほど気にはしていません。

 

眠れない時に寝ようと意識すると余計に眠れなくなるのと同じで、どもり癖を意識することは改善の邪魔になります。

 

意識しないようにするには、周りの目を気にしないで、出てくる言葉に素直に従って話すと良く、そう心に決めるだけでも随分と気持が楽になるものです。

 

要は、吃音を1つの個性として捉え、ありのままの自分として受け入れ、隠さないようにして他人から何か言われたとしても関係ないと開き直る姿勢が大切です。

 

どもり癖は、無理に克服しようと思うのではなく、開き直る方が高い改善効果が期待できますよ。

 

リラックスできる楽しいことを想像する

 

どもり癖は気にしなければ意外と治るもので、周りから冷たい視線を浴びたとしても開き直って気にしないようにすることが重要です。

 

その方が気分的にも楽で、話している最中に言いにくい言葉が出てきたら、すかさず言いやすい言葉に変えるようにします。

 

吃音を意識しないことは、どもり癖を個性として受け入れる用意ができたことを示していて、地道に改善策を考えるよりも意識しない方が効果的なのです。

 

無理に忘れないように気をつける

 

ただし、意識しない方法を実践する場合、無理に忘れようとすると、無理矢理気持ちを抑え込むことになるので、別の何かに意識を向けると良いでしょう。

 

別のことに意識を持っていくようにすれば、自然と吃音に悩んでいる状態を忘れる方向へと転化することができます。

 

忘れようと無理に頑張ると焦ってしまうので、できるだけ自分がリラックスできる楽しいことを想像しながら、どもり癖の改善に努めていきましょう。

 

吃音に対しては無理に抑え込むのではなく、気持を心が喜ぶ方向に持っていくようにし、プラスの気持になることができれば、自然と忘れているものです。

 

気持が喜んでいる時は、無意識のうちにどもりは出ないで忘れているものなので、普段から楽しい事や嬉しい事に集中することですね。

 

どもり癖を意識しない方法のまとめ

 

どもり癖は、意識すればするほど酷くなる傾向にあるので、意識しない方法はとても効果的で、改善の近道になります。

 

無理に意識しないようにすると余計に意識してしまうので、吃音に対しては素直に受け入れ、周りのことは気にしないで出てくる言葉に素直に従うことが大切です。

 

他人から非難されても開き直る姿勢を持ち、どもり癖を1つの個性として受け入れ、楽しい事や嬉しい事に意識を持っていくようにすれば、改善できる可能性はありますよ。