どもり癖の改善に効果が期待できる滑舌トレーニングについて

滑舌トレーニング

どもり癖がある人は、言葉をはっきり発音することができず、口をもぐもぐしながら話をする傾向にあります。
そのため、聞き手は何を言っているのかよくわからないことが多いものです。

 

声の大きさや高さが十分でも、どもり癖の人は滑舌が悪いので、言葉の内容が相手に伝わりにくく、話している最中に何度も相手から聞き返されることになります。

 

そうなると益々焦ってしまって上手く話せなくなるでしょう。
どもり癖を改善するには滑舌トレーニングをすると良いとされ、改善が期待できるようですよ。

 

どもり癖の治し方

 

 

大きな声で訓練する

 

生まれつき滑舌の悪い人はいます。
その多くは幼児期によく見られる症状で、大人になるに従って自然と治るケースが多いです。

 

しかし学校などで周りから滑舌が悪いのを指摘されると、それがトラウマになり、どもり癖が定着してしまうことがよくあります。

 

そうなると滑舌の悪い症状は益々悪化することになり、大人になってもどもりが改善されず、悪循環に陥ることになります。

 

そうした時にオススメなのが滑舌トレーニングです。
滑舌を良くすることができれば、どもりを改善することが可能です。

 

滑舌が悪い人は、口の開け方が正しくできてなく、声量がコントロールできていないことが多いようです。

 

どもり癖改善のための滑舌トレーニングで解消するのですが、大事なのはとにかく発音練習を繰り返し行うことです。

 

しっかりと発音できるように、改善していきます。
他人から聞き返されることの多いどもり癖の人は、話すことに自信がないので、声がどうしても小さくなりがちです。

 

声が良く通るようになると発音が聞き取りやすくなります。
滑舌トレーニングでは、自信をもって大きな声で話せるようになるのを重点的に鍛えていくことが重要です。

 

喉を開いて舌と唇をしっかり動かす

 

滑舌トレーニングをどもり癖改善のために役立てるには、毎日地道に繰り返し行っていくことが大事でしょう。
発音しにくい行は特に練習量を増やして実践するようにします。

 

そして自然に滑らかに話しができるようになるまで、顔の筋肉全体を鍛えるような感じで遂行していくと効果的です。

 

舌や唇をしっかり動かしながら、話す時は喉の奥を開くよう意識ながら話すようにし、母音と子音が明確に発音できるよう改善していきます。

 

母音と子音の滑舌を良くするには、喉をしっかり開いて舌や唇を大きく動かすことになります。
話す時は舌と唇を動かしながら、喉の奥を開いて声を出すようにすることです。

 

どもり癖のある人は、口をあまり動かさずにもごもご話す傾向にあるようです。
最初のうちはとにかく、はきはきと話すよう努めることですね。

 

トレーニングする場合に忘れてならないのは、必ず音読しながら鍛えることです。
実際の会話で通用するよう、連続した会話ができるレベルにまで慣れておく必要があります。

 

オススメは、小説や映画のセリフを読む方法で、滑舌を意識しながら長い言葉を音読するようにすると、実際の日常会話で活かせるようになりますよ。

 

また、口呼吸していると滑舌が悪くなるので、鼻呼吸の腹式呼吸を意識するようにしましょう。

 

自信を持ってリラックスした気持ちでトレーニングすることが大切

 

吃音と滑舌が悪いことには確かに相関関係があるので、どもり癖の人が滑舌トレーニングすることは意味があります。

 

ただ、漠然とトレーニングをすると良くならないことが多いので、トレーニングする時は自信を持って行う必要があります。

 

滑舌が悪くて聞き取りにくい人は、何を言っているのか相手に伝わりにくいので、気持りの上で萎縮しています。

 

自信がない状態で、声が出なくて心配だと思いながらトレーニングしてもより良い効果は期待できません。

 

大事なのは心のありよう

 

吃音克服のために、自分の声をもっと良くして話し方のレベルを向上させたいという気持ちが大切でしょう。

 

どもり癖改善のためだけでなく、大きな目標を持って滑舌を良くするトレーニングをすることで、はじめて大きな効果が得られるのです。

 

また、どもり癖は精神的なストレスが原因であることが多いので、決して無理せず楽しみながら行う余裕も大切ですよ。

 

トレーニングする時は、リラックスできるよう音楽を聴きながらでも良いでしょう。
舌の使い方や口の開き方を覚えながら、声を出すことに対する恐怖心を取り除いていきましょう。

 

どもり癖の改善に役立つ滑舌トレーニングのまとめ

 

どもり癖の人は滑舌が悪い人が多く、言葉が相手に伝わりにくいので聞き返されることが多いです。

 

そこでオススメなのが滑舌トレーニングで、大きな声で発生すると声量がコントロールできるようになり、日常生活の会話に自信がつきます。

 

訓練する時は、舌と唇をよく動かしながら、喉の奥を開くようにすると良く、母音と子音が美しく発音できるようになりますよ。

 

滑舌トレーニングで大事なポイントは、自信を持って吃音改善のために話し方のレベルアップを図ることを意識しつつ、かつ楽しみながらリラックして実践することですね。