どもり癖改善が期待できるスマホアプリの特長と効能について

スマホアプリ

どもり癖があると声を出すのが怖くなり、人とのコミュニケーションを取るのが苦痛になってしまいます。

 

そして酷くなると心を閉ざしがちになり、どもり癖からうつ病に発展してしまう可能性があるので、何とか吃音の悩みは克服しなければなりません。

 

改善するには色々な方法がありますが、最近人気になっているのが手軽に利用できるスマホアプリで、ネットから気軽にダウンロードできるみたいですよ。

 

自分の話した声を遅れて聞くことができる

 

どもり癖の悩みは当事者にとってとても深刻なのですが、吃音者人口は1%程度と言われているので改善方法はそれほど豊富ではありません。

 

そのため、どもり癖を改善するための方法を見出すのには苦労することが多く、情報を探すためにネットで検索してもかなりの時間を費やすことになります。

 

そうした中、吃音改善のためのスマホアプリが最近登場しているようで、吃音がアプリで治るのは不思議に思いますが、それなりに効果は期待できるようです。

 

これまでずっと悩んできたどもり癖がアプリで簡単に治れば、これほど嬉しいことはないでしょう。

 

DAF(音声遅延フィードバック機能)について

 

気になるのが内容ですが、DAFという音声遅延フィードバック機能が搭載されていて、これを使って吃音を治療するようになっています。

 

簡単に言うと、遅延聴覚フィードバックというのは、自分の声が遅れて聞こえてくるようになっていて、自分の話した声が遅れて聞こえてくるのです。

 

要するに、スマホアプリのDAF機能を使うと一緒に話すことができ、話す時に一人ではなくなり、誰かと一緒に話すことで、どもりにくくなる効果が期待できます。

 

一人で話すよりも誰かがいた方が緊張しないでどもりにくいのですが、それと同じ効果をスマホアプリで得ることができるのです。

 

即効性はあるが根本改善は難しい

 

どもり癖が普段よく利用しているスマホで改善できるのはとても有り難いことで、スマホアプリなら緊急時にも重宝しそうですね。

 

吃音改善が期待できるスマホアプリは、どもり癖改善に効果的な音声遅延フィードバックが装着されているので、吃音改善に非常に効果的です。

 

遅延フィードバック機能が搭載されているのが最大の特長で、リアルタイムで遅延時間を変えることができます。

 

音量を自在に変更することができるので、周りの状況に応じて音量調節しながら吃音を改善することが可能です。

 

吃音を軽減できるよう、自分の話した声を0.2秒遅れで聞きながら喋ることができるようになっていて、メカニズムはシンプルなのですが吃音改善に即効性が期待できます。

 

専用の機械を使用すれば数十万円するのですが、スマホアプリなら無料もしくは高くても数千円で利用できるので、手軽に利用できますよ。

 

スマホアプリの欠点

 

ただし、イヤホンを付けないといけないので、仕事中などは使うのが困難です。

 

使用できる場面はどうしても限定され、付けている時にしか効果は得られません。

 

また、朗読には効果が期待できるのですが、会話については効果がないので、どもり癖の根本的な改善を期待するには無理があるでしょう。

 

スマホアプリは万能ではないが試してみる価値はあり

 

スマホアプリの場合、どもり癖の根本的な治療を期待するのは難しく、アプリを使っている時にだけしか効果は得られません。

 

また、効果は一時的なので、最初の言葉や特定の言葉で詰まる難発の吃音者に対しては効果が薄いのですが、スマホアプリを使えば、誰かと一緒に話すようにすることが可能です。

 

言葉に詰まった自分が繰り返されると、失敗体験が積み重なり、話すことへの恐怖が大きくなりますが、アプリを利用すれば、話す機会が減るのを阻止できます。

 

吃音の人は、どもらないように頑張るほどどもりやすくなりますが、DAF機能のスマホアプリを利用すると、自然とスムーズに話せるように頑張ることができるのです。

 

一時的な効果で根本治療にはなり得ませんが、どもり癖の意識する治らない問題を治る問題へとすり替える効能があるので、試してみてもいいでしょう。

 

スマホアプリには早口言葉によってどもり癖を改善する内容のものもあり、このタイプの特長は、吃音改善だけでなく、雄弁のための訓練にもなるところです。

 

早口コレクションを楽しみながら改善可能で、歌のワードゲームとしても使用することができるので幅広く利用することができますよ。

 

どもり癖改善に役立つスマホアプリのまとめ

 

どもり癖があると人とのコミュニケーションが上手くいかなくなり、うつ病へと発展する可能性もあるので、できるだけ早急に対処したいものです。

 

最近は、身近なスマホアプリを利用して吃音を改善できる方法が注目を集めていて、音声遅延フィードバック機能を活用することで吃音の改善に寄与します。

 

自分の話した声を遅れて聞くという単純なメカニズムなのですが、即効性が期待でき、誰かと一緒にいて話すのと同じ効果が得られるので、どもりにくくなります。

 

一時的な効果なので根本解決にはなりませんが、スムーズに話せるようになるメリットがあるので試してみる価値はあるでしょう。