早口を治せばどもり癖も治る?ゆっくり話して対策を

会話

訓練してもどもり癖が改善されず、人と話す時にどうしてもどもってしまう人は、原因をしっかり探る必要があるでしょう。

 

緊張や不安、ストレスなど原因は色々ありますが、発声練習やトレーニングを一所懸命行っても効果が現れない時は、早口が原因でどもり癖になっているかもしれません。

 

どもり癖の人の違い・特徴

 

もしそうだとすれば、克服に向けてゆっくり話すように気をつけると良く、早口を治せばどもり癖が治る可能性があります。

 

どもり癖の人は頭の回転が早いので早口になりやすい

 

早口が原因でどもり癖が定着してしまう人は意外と多く、会話をする際、どもり癖のある人は早口になっている人が少なくありません。

 

ゆっくりのスピードで話すと吃音が出ないのに、早口になるとどもり癖が出てしまう場合、明らかに原因は早口であると考えられます。

 

ただ、本人にとっては、それほど早口で喋っている自覚がないので、中々気づきにくいのです。

 

どもり癖のある人は、感受性が高くデリケートな性格の人が多いので、相手の人の反応に敏感で気を遣う傾向にあります。

 

できるだけ、情報を詰め込んで相手に伝えようとするあまり、早口が癖になって、そのことがどもり癖を悪化させる要因になっています。

 

緊張などの影響もあって相手に返事を返す際、つい焦りが出てしまい、結果的に早口になることは誰でもあるのですが、どもり癖を改善する場合は早口の癖を治すのが先決です。

 

どもり癖のある人は頭の回転が早い人が多いので、できるだけ早く相手に伝えようと、頭に浮かんだらすぐに声に出してしまうのです。

 

そのことが早口に関係しているのですが、いずれにせよどもり癖を解消したいなら、早口は治す必要があります

 

根本原因をきちんと解消していかないといつまで経っても吃音は改善されないので、気をつけましょう。

 

最初の言葉は伸ばすようにして訓練する

 

吃音の人は全体的に早口で話す傾向にあるので、まず自分がそうでないかどうか、客観的に観察して、話している時のスピードを確認してみることです。

 

もし早口になっていたなら、トレーニングの意味も込めて吃音改善のためにできるだけゆっくり話すように努め、それを習慣的に実践していくと良いでしょう。

 

トレーニング方法はこちら

 

 

 

いきなり早口を改めてゆっくり話そうとするとプレッシャーになって、最初の言葉が詰まってしまうので、話し始めの言葉は努めて優しく滑らかに話すようにします。

 

難発性の場合、初めに言葉が出ないと無理やり搾り出そうとするので、ゆっくり話して対策を図る時は、無理やりゆっくり話すのではなく、最初の言葉は伸ばすようにすると良いです。

 

音を伸ばす時は、口の形を明確に決めながら伸ばすようにするのがコツで、吃音を改善させるためには恐れずに怖がらずにゆっくりと話す訓練をすることですね。

 

ゆっくり話す改善方法は効果的で、実践する時は息を大きく吸って腹から息を吐くようにして発声練習をすると良く、一語ずつ言葉を伸ばしながらゆっくりと行うようにします。

 

途中で失敗してもいいので、ゆっくり言葉に出すトレーニングを繰り返し実践していきましょう。

 

ワンテンポおいて話す癖をつける

 

どもり癖改善のために、早口を治す場合、緊張する相手と練習すると余計に悪化する可能性があるので、リラックスできる信頼のおける人を練習相手に選ぶことです。

 

ゆっくり話す訓練をする時は、緊張感のない他愛のない話をする時間を多くするようにすると効果的で、練習で癖をつけていけば、幼児期からの吃音症でも治る可能性があります。

 

自分のどもり癖を治すのは簡単なことではありませんが、一人で悩まずに相手を選んで正しくゆっくり話す練習を繰り返していけば、改善できるものです。

 

吃音が出ないよう相手に自分の話を上手く伝えるには、ワンテンポおいてから話すようにする癖をつけると次第に早口は解消されていきます。

 

特に話しをする前にワンテンポおいてから話す方法はオススメで、これまで習慣になっていた早口を、ワンテンポおくことで自然と話すスピードを抑えることができますよ。

 

早口改善のためには、とにかくゆっくりと話すイメージを持つことが重要で、話すスピードを普段の半分ぐらいに落とすようにしましょう。

 

早く話すこととどもりは密接な関係があり、早口の人は今まで話していたスピードの半分くらいの早さで話すようにすると、どもりが大きく減少する可能性があります。

 

どもり癖は早口を治すと良くなるのかまとめ

 

どんなに訓練してもどもり癖が改善しない場合、その原因は早口にある可能性が高く、ゆっくり話す対策を取ると解決する場合があります。

 

どもり癖のある人は、頭の回転が早い人が多いので、習慣的に早口になっている傾向が高く、そのことがどもりを助長しているのです。

 

吃音を改善するにはゆっくりと話すように努めると良く、最初の言葉を伸ばすようにすれば言葉が詰まるのを回避することができます。

 

そして早口を治す場合、ワンテンポおいて話す癖をつけると自然とスピードを落とすことが可能で、いつもの半分くらいの早さで話すように訓練すれば治る可能性がありますよ。