どもり癖のある人に共通する姿勢の悪さを改善してみよう

姿勢を改善

どもり癖のある人には悪い癖があり、それが症状を悪化させる原因になっていると言われています。

 

共通する悪い癖には姿勢があり、どもり癖のある人は全体的に猫背の人が多く、姿勢が悪いと自然と呼吸が浅くなります。

 

姿勢と精神面はつながっていて、姿勢が悪くなるとネガティブな感情を引き出すことになり、それがどもり癖をより酷くさせることになるのです。

 

悪い姿勢のままでいると改善されにくいので、姿勢を良くするよう改善に努めましょう。

 

悪い姿勢はどもり癖を悪化させる

 

どもり癖のある人が緊張すると言葉が詰まってしまうのは、精神的なものが影響しているのですが、体の姿勢も関係しています。

 

平常心で会話ができるようになるには、姿勢を改善することはとても大事なことで、悪い姿勢はどもり癖をより悪化させる原因になります。

 

吃音の人に共通するのが悪い姿勢で、どもり癖のある人は猫背の傾向にあるので注意が必要です。

 

なぜ悪い姿勢になってしまうのかというと、人とのコミュニケーションが上手くとれないからで、自分に対する自信の無さが姿形になって表れるのです。

 

コミュニケーションを避けるようにしていると、次第にネガティブな感情に支配されるようになり、結果的に猫背を招くことになります。

 

猫背と吃音は密接な関係にあり、猫背になるとどもり癖を悪化させてしまうことになるので、改善のためには姿勢を良くする必要があります。

 

姿勢が悪くなると吃音が悪化するのは呼吸が関係していて、猫背になるとどうしても呼吸が浅くなってしまいます。

 

呼吸が浅い人は吃音になりやすいので、どもり癖改善のためには、姿勢を正しくして深く呼吸をする習慣を身につける必要があるのです。

 

浅い呼吸だと胸式呼吸になって体を緊張させてしまうので、姿勢を良くして腹式呼吸に改善しましょう

 

姿勢を正すことは特効薬になる

 

初めて会う人はもちろん、緊張する場面に遭遇すると上手く話すことができなくなるのが、どもり癖の辛いところです。

 

人前では言葉がつかえる感覚がつきまとい、スラスラ話すことができないので、自然と人を避けるようになります。

 

声が低くて小さな声しか出せないどもり癖のある人は、大事な時ほどどもってしまうので、益々自分が嫌いになってしまうのです。

 

どもり癖のある人は、人とスムーズに会話できれば、どんなにか自分に自信ができるだろうと思っていますが、そのカギを握っているのが姿勢です。

 

姿勢を意識しながら人と話せば、ここぞという時に強い気持ちになることができるのです。

 

人と上手くコミュニケーションが取れずなかなか会話ができないと悩んでいるなら、どもり癖のある人に多いと言われている猫背を改善しましょう。

 

猫背を改善して姿勢を正すように努めれば、いつの間にか吃音が改善されるかもしれませんよ。

 

そんな簡単なことでどもりが軽くなるのは信じられないかもしれませんが、姿勢を正すことはどもり癖改善のための特効薬になるのです。

 

姿勢を良くすれば自然と呼吸が整ってきて、精神的にリラックスした状態になることができるので、声を出すのがとても楽になりますよ。

 

目線を前に向けてお腹に力を入れて深呼吸する

 

吃音で悩んでいる人は内気な思考で姿勢が悪い人が多いので、姿勢を良くすることは、どもり癖改善のための大きなポイントになります。

 

性格的なものが関係するので、どもり癖の改善は容易ではないのですが、治療に当たってはまず姿勢を良くするだけでも随分と気持ちは変わるものです。

 

なぜなら、姿勢は発声に対して大きな影響力を持つからで、吃音を気にしている人はいつも下を見る癖があります。

 

そうするとお腹に力が入りにくくなるので、背骨を真っすぐにして見上げるように正しく姿勢を保つことが大事です。

 

少し姿勢を良くするだけでも効果は確実に見えてきて、前向きな気持になることができ、積極性が生まれてきます。

 

人前で発表する直前に姿勢を正して深呼吸をすると、気持がとても楽になるので、どもってもそのまま話し続けることができるようになります。

 

下を向いていると猫背になりやすく、声もこもりがちになるので、どもり癖のある人は常に目線が前に向くよう意識し、胸を張って深呼吸する癖をつけましょう

 

そしてお腹に意識を集中して力を入れると良く、そうすると自然に背筋が伸びてきます。

 

これらの簡単なことを少し意識して実践するだけで、見違えるほど姿勢が良くなって、リラックスして話すことができるようになりますよ。

 

どもり癖のある人は姿勢を改善しようのまとめ

 

どもり癖のある人に共通する悪しき習慣に姿勢の悪さがあり、人と上手く話せない吃音の人は自分に自信がないのでいつも下を向いて猫背になりがちです。

 

姿勢と吃音には密接なつながりがあり、猫背の人は呼吸が浅く弱々しい声しか出ないので吃音になりやすいのです。

 

姿勢を正す時は目線を前にやり、お腹に力を入れながら深呼吸すると良く、リラックスして人と話せるようになります。

 

悪い姿勢はどもり癖をより助長することになるので改善のためには姿勢を正しくすることが必須で、少し努力するだけで大きな効果が得られますよ。

 

こちらもご覧ください。 →どもり癖の治し方(当サイトTOPページ)