どもり癖の治し方サイト

どもり癖は治せる?努力すべきポイントとその方法について

どもり癖は治る?

どもり癖は治すことが出来ます。症状の改善や治すに方法ついてご紹介しています。

 

どもり癖は中々やっかいなもので、簡単に治るものではないと言われています。
治すには正しい知識が必要です。
なぜなら、脳にインストールされてしまい、潜在意識に浸透してしまっているからです。

 

言葉が詰まってしまうどもり癖の人は、どもる悪い癖が体に染みついています。
さらに特有の体の使い方や呼吸の仕方、会話の癖などがあると言われています。

 

潜在意識に浸透した悪い癖を見直して、正しい吃音認識をすれば改善できるようです。
ではどもり癖は治すにはどのように努力していけばよいのでしょう。

 

→詳しくはこちらでも改善できるかもしれません。

 

 

 

話し方の癖を改善

 

どもり癖を改善する場合、まず努力すべきなのは話し方の癖を治す事です。
根本的にどもりを治すには、その原因となっている脳のパターンを変える必要があります。

 

脳には特定のパターンがあって、どもり癖の人は想像力や感情などを司っている右半球は活発ですが、言語を使う左半球は活性化されていません。

 

これまでの会話のパターンを変えるのは容易ではありません。
しかし、少しずつ変える事で活性化されていない左脳を鍛えるのは可能です。
どもり癖は治すには覚えておきましょう。

 

会話の癖を変える治す努力としては、どもり改善に効果的で、治すにはまずはどもりにくい話し方を身につけましょう。

 

抑揚をつけて話してみる

 

どもり癖は治すためにどのように話せばよいのかと言うと、それは抑揚のある話し方です。

 

端的に言うと、言葉に抑揚を込めて話すようにします。

 

抑揚のある話し方は、単調な会話でなくなるので聞き手も聞きやすくなり、次第に左半球の言語脳が活性化されるようになります。

 

これだけでどもり癖が治るわけではありません。
ですが、話し方のパターンを変えるのはとても大切で、どもり癖は治す改善に向けて必要です。

 

これまで普通にしてきた会話を変えるのは大変ですが、治すには意識的に抑揚のある話し方にしてみましょう。

 

ゆっくり話す習慣をつける

 

どもり癖の人は焦って早く話そうとする性質があるようです。
どもり癖は治す・改善にはゆっくり話すように努力も大切です。

 

早口で話すと余計に吃音になりやすいので、話す時はできるだけゆっくり話すようにしましょう。
その際、吃音になっていないかどうかを客観的に観察しましょう。

 

これまでよりも吃音が出にくくなっている感じが体感できるので、改善の糸口が見えてきます。

 

話し始めの時は最初の言葉は怖がらずに話すようにしながら、ゆっくり話すトレーニングをするとどもり癖は治すには効果的です。

 

ゆっくり話すように習慣にしていると、中々言葉が出ないことに対する無理に搾り出そうとするような発音が段々と少なくなってきます。

 

吃音の人の多くは苦手な単語を避けて違う単語に置き換えようとしますが、ゆっくり話す習慣が身につくと、言いやすい言葉に置き換えようとする癖も改善されやすいです。

 

苦手な単語を言えるようにならないと、吃音改善の道は険しいとされています。
治すにはスムーズに言葉が出るように仕向けて話しましょう。

 

早口を改めて、ゆっくり話すことは苦手な言葉を使わない話し方にもつながります。
少しずつでもいいので話し方のスピードをゆるやかにしましょう。
どもり癖は治すためにはこのような話し方も必要です。

 

どもり癖は治すためにはこれが必要?
→詳しくはこちら

 

 

自ら吃音を告白し、余計なジェスチャーは改める

 

どもり癖を治したいなら、無理に話をするのは止め、言葉を選ばずに自分の気持をぶつけることも大切でしょう。
その時に大事なのは吃音を隠さないことです。

 

自分自身にどもり癖なのはとても恥ずかしいですが、隠そうとすると余計にプレッシャーになるものです。
どもり癖の改善のためにはオーブンな心が必要です。

 

そのためには、職場などでは上司や同僚には自分が吃音なのを打ち明ける必要があります。
他人に吃音の悩みをオープンにするのは勇気がいるでしょう。

 

ですが、吃音は隠そうとすればするほど心理的抑圧になり、どもり癖の症状を悪化させます。
吃音を隠すのは、どもり癖改善に支障をきたすことになるので、治すにはまずは心を開いて自分が吃音なのを打ち明けましょう。

 

そしてどもり癖の改善のためには、意味のないジェスチャーを治すのも大事で、どもり癖の人は言葉を出すために、不必要な体の動きが多いです。
無意識のうちにそうした動きを発しているのですが、改善のためには必要悪になります。

 

体を動かすようにすると確かに言葉は出やすくなるのですが、そうした行為はさらに吃音を悪化させるので止めましよう。

 

また落ち込まない事も大事!

どもり癖は治すために何事も前向きな姿勢が良い影響を与えるようです。
こちらにも面白い記事が掲載されています。→落ち込まない姿勢が大事!

 

どもり癖で努力すべきポイントと方法のまとめ

 

どもり癖の人は、言語脳である左半球の脳が活性化されていないので、どもり癖の改善のためには抑揚の話し方が大切です。

 

単調な話し方を止め、抑揚の話し方をしていると次第に左脳が鍛えられます。
左脳の活性化に繋がり、吃音改善に功を奏します。

 

吃音の人は、早口で話す癖があるので治すゆっくりには話すのが大切です。
客観的に自分を見つめられるようになり、苦手な言葉を使わないことにつながります。

 

改善のためには、自分が吃音なのを他人にオープンにすることも大事で、隠していることによる抑圧された心理的プレッシャーから解放されますよ。
どもり癖は治すためには以上の要素をきちんと覚え、生活習慣やトレーニングを積めば症状は改善されるでしょう。